記事の詳細

借金返済はどういう方法で借りても、

全部同じ返済計画でいいと思っている人がいればそれは大きな間違いです。

借金は借りる金額も一人ひとり違いますし、

経済状況も違いますから返済計画は

一人ひとり自分に合ったものでなければなりません。

 

例えば、どこを利用して借り入れを行うのかによっても

返済方法は変わってきますし、他のところで借り入れを行っている場合も

考えなければならないことは変わってくるでしょう。

 

また、返済方法は基本的に一括分割かに分かれると思いますが、

金額が大きくなると一括での返済はなかなか難しくなります。

そうすると分割での返済になってくると思いますが、

この分割での支払い方法も純粋な分割払いもあれば

リボルビング方式の返済というものもあります。

 

リボルビング方式の返済の注意点

リボルビング方式の返済の場合、

返済中であっても借り入れを行うことができますし

毎月決められた返済額を返していれば、

特に金融機関側から注意を受けることもありません。

しかしリボルビング方式の怖いところは

返済を行っていても借り入れができるため、

だんだん自分がいくら返済できているのか

分からなくなってくるところです。

 

いつでも借り入れができるからと言って

借り入れを繰り返していると、

いつの間にか借金返済ができなくなってくることがあります。

 

これは追加で借り入れを行っていることにより

返済期間が延びてきて金利が膨らんでしまうからです。

そういうことにならないためにも、

リボルビング方式の返済の際には特に返済計画が重要になるのです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る