記事の詳細

借金問題について調べていると

必ず出てくるのが過払い金というものですが、

この過払い金とはいったいどういったお金なのでしょうか?

 

これはまず言葉の意味から

考えてみると分かりやすく、

払い過ぎたお金のことを指しています。

 

借金返済に困っているのに払い過ぎたお金なんてあるの?

と疑問に思う人もいるかもしれませんが過払い金は

借金問題に悩むすべての人にある可能性があります。

 

なぜなら、消費者金融などで借り入れを行った場合

2006年の貸金業法改定まで金利は

基本的に出資法を基準としていました。

 

金利に関する法律は利息制限法と出資法の2種類があり、

利息制限法では年率15%から20%を上限としていたのに対して

出資法では年率29.2%となっており、利息制限法と

出資法の間を取った金利のことを

グレーゾーン金利と呼んでいました。

 

しかし2006年の貸金業法改定に伴って

このグレーゾーン金利が廃止となり、

利息制限法を超える金利は無効となったのです。

これによって今まで払い過ぎていたお金が発生してくるので、

このお金のことを過払い金と呼んでいるのです。

 

ですから、長期間借金返済をしている人の中には

すでにかなりの過払い金がある人もいて、

過払い金返還交渉を行ったのちに

完済どころからプラスになってしまうというケースもあります。

 

こういったケースはまだまだあると思いますので、

長期間借金返済をしている人は一度弁護士に相談してみてください。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る