記事の詳細

金融機関から借りたお金を返すことが困難になってしまった場合、

どのように解決させればいいのでしょうか?

 

これはまず金融機関側に連絡するのではなく、

弁護士など法律専門家にその旨を伝えて

どういう解決策があるのかを相談してみてください。

その際にまずは借金返済の問題に強い弁護士を

探すことからはじめてみましょう。

 

近くの弁護士事務所に直接問い合わせてみてもいいですが、

インターネットを利用して弁護士情報をいろいろ調べてから

相談する弁護士を決めた方がいいと思います。

そして相談する弁護士が決まったら、

現在の自分の状況を正確に伝えて

今後どのような流れで解決していくのが

一番いいのかを考えていきます。

 

債務整理を行うことになると思いますが

返済をしていく意志がある場合には

減額交渉をしたのちに返済していく任意整理という方法がありますし、

返済がまったくできない状況であれば

自己破産という形になるでしょう。

ひとつ覚えておいてほしいのは弁護士を使って

こういった法的手続きを取る場合、ある程度のリスクがあります。

まずは弁護士を雇うためのお金が必要になりますので、

任意整理の場合には返済+弁護士料金を支払わなければならなくなります。

 

そして債務整理を行った場合、免責が降りても一定期間は

金融機関からお金を借りることはできませんし

クレジットカードを作ることも難しくなります。

さらに国家資格を持つことはできなくなりますし、

試験を受ける資格もなくなるので

こういったデメリットになる部分も覚えておきましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る