記事の詳細

借金返済を行っている最中に何らかのトラブルによって

返済に困ってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

これは意外と借金をしようとしている人すべてが

考えておかなければならないことで、

リスクマネージメントをいかにやっておくかで

返済できるかどうかが変わってきます。

 

たとえば返済期日に返済が難しい場合、

まずは借り入れを行っている金融機関に連絡を入れておきましょう。

少し気が重いと思いますが、これを怠ったところで

返済をしなくても済むわけではありませんし

連絡がおそくなればなるほど信頼関係は崩れていきます。

 

こういった連絡は返済が難しいと分かった時点ですぐにして、

期日が過ぎる前には伝えるようにしてください。

返済期日が過ぎてしまうと、信用情報機関に

その旨が登録されてしまう可能性がありますし

最悪の場合契約解除となってしまいます。

 

また、返済できる日時はいつなのかも相談のうえで

決めてその日には確実に返すようにしましょう。

ある程度金融機関側も柔軟な対応をしてくれるところが多いですから、

まずは相談することが第一です。

 

一人で悩まず

そして返済がまったくできない状況になってしまった場合、

これは金融機関側に連絡しても解決しませんから

弁護士など法律専門家に相談するようにしてください。

この際に債務整理の話になると思いますから、

そのメリットとデメリットをきちんと理解して

その後の対応をしっかりと考えていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る