記事の詳細

借金をするところと言えば消費者金融などの

貸金業者を想像する人がほとんどだと思いますが、

貸金業者へ借金返済をする際に

考えておかなければならないのはど

ういったことなのでしょうか?

 

貸金業者は銀行と違って金融商品がメインとなる商材で、

お金を貸したことで発生する金利を利益としています。

ですから返済に関してはとてもシビアなところがほとんどですし、

滞納や遅延があるとそれ相応の対応を早い段階で取るようになります。

 

たとえば遅延があったのちに音信不通状態が続けば

返済を求める督促状が家に届きますし、

そうすると家族に借金をしていることが分かってしまうこともあるでしょう。

 

また、返済が滞っている間も金利は発生していますから、

返済をやめたからと言って何も状況は改善しません。

契約解除はもちろん、法的措置によって

強制的に返済を求めてくるケースもめずらしくありませんので

借金をするということは必ず返済することが前提なんだ

ということを肝に銘じておいてください。

 

また、貸金業者から借り入れを行う場合

総量規制と呼ばれる法律の対象となります。

総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れを禁止している法律で、

たとえば他社ですでにそれに該当する金額の借金がある場合には

新たに借り入れを行うことはできませんので注意しましょう。

 

スムーズに返済を行うためにも貸金業者のシステムを

しっかり理解して、信頼関係を築いておくことが大切です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る