記事の詳細

貸金業者からお金を借りる際に

もっとも注意しなければならないのが

悪徳業者を利用しないということです。

 

これは少し前にも社会問題となりましたが、

悪徳業者からお金を借りてしまったがために

精神的苦痛を強いられる結果になった

という人は未だに後を絶ちません。

 

そこでここでは悪徳業者の

特徴や手口を紹介していきたいと思いますので、

頭に入れておいてほしいと思います。

 

まずはじめに悪徳業者からお金を借りてしまった場合、

借金返済の義務は生じません

金融業者としての登録もないので

貸金業法も適用されませんし、

借りた側は被害者として扱われますので

すぐに警察などに連絡してください。

 

詐欺に合わないために

悪徳業者の特徴としてあげられるのが、

固定の電話番号を持っていないという点があります。

携帯電話の電話番号やフリーダイヤルしか持っていない業者

まず悪徳業者と見て間違いありませんし、

そういったところの宣伝は

だいたいあり得ないような好条件を提示してきます。

ですからどれだけお金に困っていても

決して電話してはいけませんし、

見ても無視してください。

 

そしてそういった悪徳業者の中には

有名な大手の貸金業者の名前やロゴを使っている場合があります。

怪しいと思ったら大手の貸金業者に直接問い合わせ、

関係性を確認してみてください。

 

借金返済の途中には心が折れそうになるときもあるかもしれませんが、

悪徳業者を利用しても事態が改善することは

絶対にありませんので利用しないようにしましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る