記事の詳細

もしも借金返済ができなくなったらどうなるのか、

この辺りを知らない人は意外と多いように思います。

様々な憶測も飛んでいますし、どれが本当の情報なのか

分からないという人もいるでしょう。

 

そこでここでは借金が返済できなくなると

どうなってしまうのかをお伝えしていきたいと思います。

まず最初に返済の遅延があった場合ですが、

これは返済が続けられそうであれば

すぐに利用している金融機関に連絡してください。

 

そのままにしておくと信用情報機関に登録され、

契約解除されたのちに法的手続きによって

差押えなどに発展するケースがあります。

そして返済がまったくできない場合には

弁護士などの法律専門家に依頼して債務整理の手続きをします。

 

債務整理が成立すると銀行や信販会社、

消費者金融などすべての金融機関から

借り入れを行うことができなくなります。

これは免責が降りても一定期間続きますから、

その期間が過ぎるまでは借り入れはできないと思ってください。

 

クレジットカードなどもその対象になりますし、

あとは国家資格を持てなくなり試験を受けることもできなくなります。

また噂でよく聞く戸籍に履歴が残るということは

一切ありませんし就職も問題なくできます。

つまり周囲に自分が債務整理をしたということは伝わりませんが、

日常生活に若干の不便が生じるということです。

正しい知識を身に着け、もしものときに備えて

こういったことも覚えておきましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る