記事の詳細

多重債務の問題が日本でも話題になることが多いですが、

こういった問題を目の当たりにすると

本当に借金返済は可能なのかという疑問が出てきます。

 

特に近年話題になっていた消費者金融を

利用した人の多重債務問題は貸金業法が

改定された今でも苦しんでいる人がいると聞きます。

こういったことから、借金をすることを

極力避ける人は増えていますし消費者金融に対して

ネガティブなイメージを持っている人もいるでしょう。

 

しかし、実際には多重債務に陥った人が

クローズアップされているだけで借金をした人すべてが

多重債務になっているわけではありません。

むしろ実情はきちんと完済している人の方が多いですし、

貸金業法改定によって金利も低くなり消費者金融側の基準も

明確になったことから状況は改善されてきています。

 

借金は返済計画が全て

借金返済を可能とするためにもっとも重要なことは

借りた本人がきちんとした返済計画を立てて、

それを随行するという意識を持っているかどうかです。

これがないと借金問題はいつまでたっても解決しませんし、

金融機関側がいくら努力しても多重債務問題が

なくなることはないでしょう。

 

つまり現在の日本で借金をする場合、

必ず返済するということを前提に借りなければ

うまくいくことはないということです。

これはこれからも同じように言われ続けていくでしょうし、

借金問題は借りた人の意志によっていい方向へ動く以外解決しません。

ですから借りる前には返済計画をきちんと立てて、

スムーズに返済ができるようにしておくべきなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る